前回はルイヴィトンの買取相場について執筆しましたが、今回はルイヴィトンのシリーズごとの買取に迫ってみたいと思います。

ひとくちにルイヴィトンといっても、モノグラムやダミエ、エピやヴェルニと沢山のシリーズがありますよね!

ルイヴィトンの買取価格は「人気や需要によって上下する」のですが、では、人気のあるシリーズだったら買取価格も高い・・・?

brandkaitori

もちろんそうです!

では、ルイヴィトンのシリーズごとの買取情報をお伝えしていきます!

ルイヴィトンで人気で、高い買取価格のシリーズは?

ルイヴィトンで比較的買取価格が高いシリーズは、有名なモノグラム、そしてダミエです!

これはルイヴィトンの定番柄なので人気が高く、買取相場も安定しています。

しかもデザインだけでなく、機能面からいっても高価買取の秘訣が・・・。

実はモノグラムやダミエなどは、素材に”PVCレザー”という塩化ビニールの素材が使われており、劣化しにくく、綺麗な状態が長く保てます!

そのため美品査定になるケースも多く、平均的な買取相場も比較的高めなんです。

ルイヴィトンで安い買取価格になってしまうシリーズは?

では、買取価格が高いシリーズの反対もお伝えしていきます。つまり、大体が安く買取られてしまうルイヴィトンのシリーズのご紹介です。

実は中古品のルイヴィトンに限り、エピ、そしてヴェルニの買取価格は低めになっている傾向にあります・・・。

これはデザインではなく、素材の問題なのです。

実はエピもヴェルニも、素材が比較的劣化しやすく、経年に弱い傾向にあるんです・・・。

エピは内部がベタベタしやすく、ヴェルニのエナメルは劣化に弱いので、買取価格も安くなってしまいます。

ブランドバッグで、久々に出してみたら内部がベタベタ・・・ありますよね。アレです。

brandkaitori2

ちなみにヴェルニに限った話ではなく、ブランド品でエナメル素材の品は、全体的に買取価格が伸びにくい傾向にあるんです。

つやつやしていてお洒落なんですけどね~・・・世の中なかなか難しいです。

そのため、将来的に買取に出すことを考えてブランド品を購入されるのであれば、エナメル素材は避けた方が良いかも知れません。修理もしづらい素材ですので。